豊木工舎通信
2020/10/24

猛暑&コロナ禍で続くおうち時間「外壁・屋根塗装」で快適&光熱費削減!

お盆を過ぎても厳しい暑さが続き、日中はなかなか屋外に出られない日が続きますね。
コロナ禍と猛暑で、例年以上におうち時間が増えている今年の夏、おうちは快適ですか?
長い時間を過ごす家、そして、一番リラックスして過ごせる空間である家、心配事やお悩みは解消して、安全に快適に暮らしたいものですね。

■外壁・屋根塗装は必要?

雨漏り、外壁の損壊など直接的な被害が出ないと、メンテナンスしないままになってしまいがちな外壁や屋根ですが、
日々、日光、風雨、寒暑に晒され、ダメージを受け続けています。
見た目には気づきにくくとも、塗膜の保護機能がなくなれば基材が露出し、基材の劣化が進行します。
劣化による一番の危険は雨漏りです。
雨水が浸透すると、大変な被害を及ぼすことになりかねません。なぜなら水は、
木材や鉄筋など家造りに使われるもの全てを劣化させてしまうからです。
雨漏りが起きてからでは手遅れ、修繕やリフォームに高額な費用がかかってしまいます。
そのため、定期的に適切なメンテナンスを行うことが建物を長持ちさせること、メンテナンスコストの削減にもなるのです。

■外壁・屋根塗装を行うと何が変わる?

・外観が美しく生まれ変わる ・耐久性・防水性アップ ・断熱・遮熱効果アップで光熱費削減

最近は塗料の性能向上により、耐久性だけでなく、断熱・遮熱・低汚染といった機能を持つものも出ています。
特に年々暑さが厳しくなっている夏、そして、おうち時間が増えている今、光熱費削減はどの家庭も課題ではないでしょうか。
断熱効果のある塗料は、夏は外気熱を室内に伝えず、 冬は室内の暖気を逃さず、光熱費削減につながります。
遮熱効果のある塗料は、太陽光の中で最も熱に変換されやすい赤外線を効率よく反射し、室温の上昇を抑えてくれます。


外壁・屋根塗装を行うことで、大切な家を守り、安全・快適に暮らすことができるのです。

■メンテナンス時期チェックのポイント

・紫外線や雨水等により劣化し、表面が粉状になっている ・壁面にカビや藻が発生している ・紫外線に晒され変色している ・ヒビ割れが起きている

このような症状がある場合、塗膜の防水性・防汚性・防カビ性などの機能が低下しています。
大きな被害やそれにより修繕コストが高額になることが起きる前にメンテナンスを行いましょう。
少しでも心配や不安を感じる方はお気軽にご相談ください。
心配や不安を解消し、安心して暮らせる家づくりをお手伝いをいたします。



https://toyokikousha.jp/ TEL:026-480-2614

【LINEでお問い合わせ】

LINEからのお問い合わせも承っております。
1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。
https://lin.ee/meF3Y9z