株式会社豊木工舎

耐震診断・耐震補強

EARTHQUAKE PROOF

耐震診断・耐震補強

耐震診断

あなたの建物は大丈夫ですか?
地震が頻発している昨今、家や建物の耐震を気にされるお客様が増えています。
耐震補強を考えるにあたっても、どこをどのように補強したら良いのか、まずは現状を知ることが大事。

耐震が気になる方はお気軽にご相談ください。
どなたでも無料で耐震診断いたします。

耐震補強

地震大国日本、どこの地域に暮らしていても、いつ大地震が起こるかわかりません。
一戸建て、マンションなどの集合住宅、多くの人が出入りするビルや店舗、安全に快適に暮らすために地震対策を施しましょう。
耐震診断で現状の問題点を洗い出し、必要な耐震補強をご提案いたします。

耐震等級

地震に強い建物にするために、耐震性能を示す指標として、「耐震基準」と「耐震等級」があります。

「耐震基準」とは、建物を設計する際に、最低限度の耐震能力を持っていることを保証し、建築を許可する基準です。
「耐震等級」とは、地震に対する建物の強度を示す指標のひとつです。
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に沿った住宅性能表示で、ランクが3段階に分かれており、その数字が大きいほど、性能が高まります。

【耐震等級1】
建築基準法(法律)と同程度の建物
・数百年に一度程度の地震(震度6強から7程度)に対しても倒壊や崩壊しない
・数十年に一度発生する地震(震度5程度)は住宅が損傷しない程度

【耐震等級2】
・等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる強度 ※学校や病院など

【耐震等級3】
・等級1で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる強度 ※消防署や警察署など

構造計算

地震に耐えられる構造であるか?
耐震性を満たしているか?
家の強さを確認するため、緻密な構造計算を行ないます。
耐力壁の量や壁の配置バランス、部材の強さ、地盤・基礎の強さなど、建物ごとに地震力・風圧力を計算します。

・耐力壁

・耐力壁計算

しかし、構造計算は法律で義務づけられていないため、多くの木造建築では行われていません。
法律上は、簡易な壁量計算をしていれば問題ないのです。

ですが、それでは本当に地震に強い家にはなりません。
安心して過ごせる家にするためには構造計算はとても大切なのです。

お客様のご希望される等級沿って、耐震補強工事を行います。
新築の場合は、等級に沿った耐震補強を組み込んで設計提案させていただきます。
リフォーム・リノベーションの場合は、ご希望される等級同等の補強工事を行う形になります。
※耐震等級の証明をご希望される場合は、別途オプションとなります。