株式会社豊木工舎

ブログ

BLOG

ブログ

事例紹介:建て方(長野市三輪H様邸)


こんにちは。長野市の設計事務所・工務店 豊木工舎です。

長野県北信エリアを中心に、お客様の想いに寄り添い、設計~施工まで請け負っています。 今回のブログは、「建て方」の事例紹介として、長野市のH様邸をご紹介します。

■長野市三輪の新築「H様邸」の「建て方」完成

今回は「建て方(たてかた)」の完成までの様子をご紹介します。 ご紹介するのは長野市にお住まいのH様。 先日「建て方」までが完成し、上棟式を行いました。 「建て方」は「上棟(じょうとう)/棟上げ(むねあげ)」ともよばれます。 長野市の建設会社様よりお話を頂き、豊木工舎は「木(もく)工事」を担当させて頂いています。 「木工事」とは建築用語で、電気工事や設備工事以外の部分の工事のことをいいます。 屋根までを組みあげる「建て方」を含め、壁や床・天井などなど、文字通り木材を多く使う作業です。

■H様新築マイホームのポイント

・ご夫婦とお子さん2人の4人家族 ・3月末完成予定 ・奥様のお父様(建築士)による設計

■「建て方」の様子

重機も入って、作業は順調に進みました。 無事建て方までが完成し、関係者による上棟式を行いました。 お神酒を捧げているところです。

■素敵な新築住宅は3月に完成予定

H様のお宅は、奥さまのお父様(建築士)によるご設計で、娘さんとそのご家族の希望を形にされたものです。 今回の建設地は街中で住宅が密集した場所にあるのですが、1階に寝室、リビングが2階に設計されています。 このように家が隣接する住宅では、隣の家に日差しがさえぎられやすい1階でなく、日当たりが良い2階をリビングにされる場合があります。(外からの目線を避けるためにも効果的ですね。) 他にも段板だけの階段や、日光が入るよう「明かり取り」が設計された屋根などの特徴があり、力を入れて工事をさせて頂いています。 (「明り取り」は「高窓/ハイサイドライト」とも呼ばれ、H様邸の場合、屋根の上に、横並びの小さな2つの窓が屋根の帽子をかぶったような形で取り付けられます。) 3月の完成がいまから楽しみです。

■令和元年台風第19号災害で被害に遭われた皆様へ

このたびの台風19号による河川の氾濫被害、台風災害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 被害に遭われたお住まいや社屋に関して、お困りごとがございましたら、なんでもお気軽にご相談ください。 豊木工舎では、お客様の思いに寄り添いながら、私たちのできることで、立ち上がるお手伝いをしてまいります。 お困りでいらっしゃる多くの方に私たちの思いが届いて欲しいと願っておりますので、周りにお困りの方がおられましたら、ぜひご周知頂けましたら幸いです。 当社は長野市の『住宅の応急修理事業者名簿』に登録されています。 詳しくは当ブログ、こちらの記事をご覧頂くか、直接お問い合わせください。 (現状、ご相談をお受けする事は可能ですが、着工時期についてはご相談となります。) また、被害に遭われた方に弊社在庫「ウォシュレット」をお譲りいたします。 ご希望の方おられましたら、お問い合わせください。 https://toyokikousha.jp/ TEL:026-480-2614
ただいま『不動産を手放したい・探している』『土地を探している・売りたい』方を募集しています。 お気軽にお問い合わせください。