株式会社豊木工舎

ブログ

BLOG

ブログ

事例紹介:リフォーム(長野市 松代町/豊野/津野・千曲市)


こんにちは。長野市の設計事務所・工務店 豊木工舎です。

長野県北信エリアを中心に、お客様の想いに寄り添い、設計~施工まで請け負っています。 今回は復興支援工事に関連するリフォーム施工例の2回目をご紹介します。 応急修理を依頼頂く際の参考になれば幸いです。

■リフォーム事例

現在、承っている応急修理の内容と現状をお伝えします。

●松代(2):一部損壊→第1期工事まで終了

・元々リフォームを予定していたものの、時期はもう少し先と考えていた所に被災。 ・当初は住める程度で直す予定から工事を進めていく中で色々な要望が出て最終的にリフォームの形に。 ・罹災証明書があるが、応急修理の対象以上の工事については自費扱い。

< 工事の状況と現状 >

・1期工事(完了):壁紙張替え、インターホン(モニターホンに変更)、洗面脱衣所、トイレ(床下など、被害のあった部分のみを補修) ・2期工事:キッチン、リビングをリフォーム予定 ・お風呂は使用可能のためそのまま使用し、寝る部屋は一時的に2階を利用 ・上記以外の箇所はほとんど壁紙も変えて直した ・リビングは乾かしてきれいにして、とりあえず住んでいる

< 家のようす(1期工事まで完了)>

トイレと洗面脱衣所です。 被害部分を補修し、きれいに生まれ変わりました。 昨年12月のブログでもご紹介していましたが、第1期工事が終了しました。 工事終盤に差し掛かった頃に、浸水した家をどれぐらいの期間乾燥させるかで悩まれましたが、木材の含水率を計って確認・納得して頂き、工事を継続しました。 災害時には色々な情報が錯そうし、このように迷ったり悩んだりされる方も多くいらっしゃいます。 その場合、当社よりお客様に具体的な根拠を示すことでご安心頂けるよう努めています。 大事なお住まいをリフォームして、また新たな家族の歴史を刻んでいってほしいですね。

●長野市豊野町豊野:全壊住宅

・浸水被害は床上180cm、全壊判定。 ・ほぼリフォームを決定。

< 工事の状況 >

・1月6日からリフォーム工事がスタート ・1期工事(~1月20日まで):リビング、キッチン、トイレ、お風呂、洗面脱衣場、給湯器 ・2期工事(春~):和室、廊下、外壁など上記以外の残り部分

< 家のようす(1期工事まで完了) >

キッチンとリビングです。 キッチンのシンクはきれいなグリーンを選択。 なかなかない色でオリジナリティが感じられます。 アクセントにもなっていて素敵ですね。 きれいになったトイレと洗面脱衣所です。 アクセントクロスを取り入れてスタイリッシュな空間になりました。 お風呂です。 被災時は窓の部分まで泥がたまるほどでした。 リニューアル後はウッド調の落ち着いた空間に。 リラックスできそうですね。 給湯はプロパンガスから電気(エコキュート)に変更。 オール電化で管理がラクになり、光熱費の見直しにもなりました。 (次回のブログでは、「光熱費の見直し」について、詳しくお届けする予定です。 切り替えでどれぐらいおトクになるでしょうか。お楽しみに。) 2階は使えるため、1期工事では生活に必要な部分を直してとりあえず住めるようにし、2期工事で他の部分直していく予定です。 生活するにあたっての必要最低限は1期工事で応急対処し、2期工事ではじっくりお客様の想いをお聞きしながら、新たに生まれ変わる家を築いていきたいと思います。

●長野市穂保(2):全壊住宅

昨年12月のブログでもご紹介しましたが、その後をご紹介します。 トイレの壁板や壁紙の仕上げなどはご家族で行われました。 とてもきれいになりました! 給湯です。 被災時の浸水により、なかまで泥が入り込んでいました。 エコキュートの入れ替えを行いました。

●千曲市(2):半壊住宅→更地にして建て替え(新築)

・3世代5人家族。現在はアパートにお住まい。 ・解体前の家は大きかったが、建て替える家は生活にあわせて縮小。 ・千曲市は罹災証明書が出し直しになり、再発行にあわせて工事を開始。

< 工事の状況 >

・昨年12月中に解体まで終了 ・これからお客様と打ち合わせて図面を製作し、着工は3月~4月くらいを予定 罹災証明書の出し直しにより、中断期間を挟みましたが、これでようやく話が進みます。 ご家族皆さまが住みやすい形に、新たなスタートにふさわしいお家になるように、打ち合わせを重ねながら進めていきたいと思います。

< 家のようす:被災時 >

床上までの浸水被害を受けられました。 水が引いた後のようす。

< 家のようす:解体中 >

解体が進み、残りは屋根と構造部分のみの状態です

■現在ご相談いただいている案件

現在対応中・これから対応予定のお客様をご紹介します。

●長野市豊野のお客様

・12月に相談あり。豊木工舎が施工したお客様からのご紹介。 お話をうかがうと、片付けや生活再建に精一杯で、工事のことは後回しになっていたとの事。 また、誰に相談していいかわからなかったそうです。 突然の災害、その後の対応はやることも多く、大変だったと思います。 ようやく工事のことを考えられる段階になり、弊社にご連絡いただきましたご縁を大切にし、力になっていきたいと思います。

●長野市津野のお客様

・農業をされており、農機具小屋の修理のご相談。 ・現在アパート住まい。 家はいずれ解体してリフォームしなくてはいけないが、まずは農作業ができるようにしたいとのご相談。 現在、お見積もりをお出しし、行政と補助金についての相談中。 生活再建のためにも、まずは仕事場から修理。 大打撃を受けた農家さんが多くいる中で、今後も農業を続けていくために準備を整えていこうとされるお客様。 私たちは農機具小屋の修理をお受けすることで、少しでも復興のお手伝いをさせていただきます。 ※復興支援工事の場合、状況にもよりますが、当社からお見積り提出→行政に提出・相談→補助金の範囲の決定→工事内容の決定→着工・完成 という流れとなります。 1軒ごとにご事情は違いますが、リフォーム工事に込めるご家族の想いがあるのは、通常の場合も災害応急修理の場合も変わりはありません。 現場に立ちながら、お客様との会話を重ねながら、様々な想いを受け取っています。 復興までにはまだまだ長い時間を要しますが、これからもお客様の想いに寄り添い、喜んでいただけるようご提案&施工してまいります。

■令和元年台風第19号災害で被害に遭われた皆様へ

このたびの台風19号による河川の氾濫被害、台風災害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 被害に遭われたお住まいや社屋に関して、お困りごとがございましたら、なんでもお気軽にご相談ください。 豊木工舎では、お客様の思いに寄り添いながら、私たちのできることで、立ち上がるお手伝いをしてまいります。 お困りでいらっしゃる多くの方に私たちの思いが届いて欲しいと願っておりますので、周りにお困りの方がおられましたら、ぜひご周知頂けましたら幸いです。 当社は長野市の『住宅の応急修理事業者名簿』に登録されています。 詳しくは当ブログ、こちらの記事をご覧頂くか、直接お問い合わせください。 (現状、ご相談をお受けする事は可能ですが、着工時期についてはご相談となります。) また、被害に遭われた方に弊社在庫「ウォシュレット」をお譲りいたします。 ご希望の方おられましたら、お問い合わせください。 https://toyokikousha.jp/ TEL:026-480-2614
ただいま『不動産を手放したい・探している』『土地を探している・売りたい』方を募集しています。 お気軽にお問い合わせください。