株式会社豊木工舎

ブログ

BLOG

ブログ

はじめての家づくり3:基礎工事(長野市 新築 S様邸)

2020.9.8


こんにちは。長野市の設計事務所・工務店 豊木工舎です。

家づくりってどんな流れで進んでいくの? どんな工程があるの? そんな疑問にお応えする“はじめての家づくり”シリーズ第3弾。 今回は、『基礎工事』をについてです。 【相談内容】 台風19号により3メートルの浸水被害を受け、自宅を解体→建て替え ・シリーズ1 設計プランの打ち合わせ→図面化の様子をお伝えしました。 →はじめての家づくり1:新築設計打ち合わせ(長野市 S様邸) ・シリーズ2 着工に先立って行われる地縄張り・遣り方(水盛り・丁張り)・地鎮祭の様子をお伝えしました。 →はじめての家づくり2:地縄張り・遣り方・地鎮祭(長野市 新築 S様邸)

■基礎工事とは?

基礎工事とは、地面と建物のつなぎ部分にあたる”基礎”を造るための工事です。 勉強でもスポーツでも仕事でも、何においても”基礎が大事"と言いますが、家づくりも同じ。 高温多湿で地震大国の日本では特に、基礎は家の要になります。 なぜなら、基礎は建物のすべてを支える土台であり、丈夫で長持ちする家づくりのためには、その土台がしっかりしていることが重要となります。 基礎が傾いていたり、歪んでいたりすると、建物として不安定になりやすく、いざという時に危険です。

■基礎工事の工程

①地縄を張る(遣り方)

土地の中のどの部分に建物が建つのかがわかるように、縄やロープで印を付けます。 シリーズ2でお伝えした「地縄張り・遣り方」です。


②根切りをする(掘削工事)

パワーショベルなどの重機で、基礎の底となる深さまで土を掘ります。これを“根切りする”といいます。


③砕石を敷く

掘った部分に砕石を敷き、地面を転圧し地盤の強度を上げます。

④防湿シートを敷き、捨てコンを流す

地盤を固めた上に防湿シートを敷いて、印を付けるためのコンクリートを流します(捨てコンクリート)。 コンクリートが乾いた後に基準線を引いていきます。

⑤鉄筋を組む(配筋)

建物を建てる位置、基礎をつくる鉄筋を組みます。 基礎の外周にコンクリートが漏れないように型枠を組みます。 その後、基礎の外周・内部にコンクリートを流し込みます。


⑥外周の型枠を組み、コンクリートを打設する

基礎の外周にコンクリートが漏れないように型枠を組み、ベース部分にコンクリートを流し込みます(コンクリートを打設)。

⑦基礎内部の型枠を組み、コンクリートを打設する

ベース部分のコンクリートが乾いたら、内部の立ち上がり部分の型枠を組み、コンクリートを流し込みます(コンクリートを打設)。

⑧型枠を外し、仕上げをする

コンクリートを養生し、強度が固まったら型枠を外します。 不要なコンクリートを取り除き、勝手口、土間、給湯器、水回りなそ、別途必要となる部分にコンクリートを打っていきます。


⑨基礎の完成

基礎が完成です。地縄張り〜基礎が完成するまで、約1ヶ月半ほどかかります。 こうして、丈夫で長持ちする家の基礎を造っていくのです。 そして、地震大国日本で、安心して長く暮らせる家を建てるためには、“耐震等級” と“構造計算”、も重要になります。 詳しくはこちら→大地震が繰り返し起きても倒壊しない「地震に強い家づくり」 基礎工事が完了し、11月末の完成を見込んで、着々と工事が進んでいます。 次回の進捗をお楽しみに☆ 家づくりを考えている、家づくりについて詳しく知りたい、話を聞きたいなど、お気軽にお問い合わせください。 https://toyokikousha.jp/ TEL:026-480-2614

【LINEでお問い合わせ】

LINEからのお問い合わせも承っております。 1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。 https://lin.ee/meF3Y9z
ただいま『不動産を手放したい・探している』『土地を探している・売りたい』方を募集しています。

【千曲市で土地をお探し中の方へ】

千曲市杭瀬下に新築向き(50〜75坪くらい)のご紹介できる土地があります。 千曲市役所近くの小船山通り沿いになります。 詳しくはお問い合わせください。

猛暑&コロナ禍で続くおうち時間「外壁・屋根塗装」で快適&光熱費削減!

2020.9.4


お盆を過ぎても厳しい暑さが続き、日中はなかなか屋外に出られない日が続きますね。
コロナ禍と猛暑で、例年以上におうち時間が増えている今年の夏、おうちは快適ですか?
長い時間を過ごす家、そして、一番リラックスして過ごせる空間である家、心配事やお悩みは解消して、安全に快適に暮らしたいものですね。

先日、昨年の台風19号災害の被害を受け、リフォームされた長野市松代のY様邸の「外壁塗装」と「屋根塗装」をしてきました。


●Y様邸(長野市松代)これまでの様子

・1期工事:壁紙張替え、インターホン(モニターホンに変更)、洗面脱衣所、トイレ(床下など、被害のあった部分のみを補修)など →事例紹介:リフォーム(長野市 松代町/豊野/津野・千曲市) ・2期工事:リビングとキッチンをリフォーム →施工事例:リフォーム完成(長野市松代町 Y様邸)

■外壁・屋根塗装は必要?

雨漏り、外壁の損壊など直接的な被害が出ないと、メンテナンスしないままになってしまいがちな外壁や屋根ですが、日々、日光、風雨、寒暑に晒され、ダメージを受け続けています。 見た目には気づきにくくとも、塗膜の保護機能がなくなれば基材が露出し、基材の劣化が進行します。 劣化による一番の危険は雨漏りです。 雨水が浸透すると、大変な被害を及ぼすことになりかねません。なぜなら水は、木材や鉄筋など家造りに使われるもの全てを劣化させてしまうからです。 雨漏りが起きてからでは手遅れ、修繕やリフォームに高額な費用がかかってしまいます。 そのため、定期的に適切なメンテナンスを行うことが建物を長持ちさせること、メンテナンスコストの削減にもなるのです。

■外壁・屋根塗装を行うと何が変わる?

・外観が美しく生まれ変わる ・耐久性・防水性アップ ・断熱・遮熱効果アップで光熱費削減

最近は塗料の性能向上により、耐久性だけでなく、断熱・遮熱・低汚染といった機能を持つものも出ています。 特に年々暑さが厳しくなっている夏、そして、おうち時間が増えている今、光熱費削減はどの家庭も課題ではないでしょうか。 断熱効果のある塗料は、夏は外気熱を室内に伝えず、 冬は室内の暖気を逃さず、光熱費削減につながります。 遮熱効果のある塗料は、太陽光の中で最も熱に変換されやすい赤外線を効率よく反射し、室温の上昇を抑えてくれます。 外壁・屋根塗装を行うことで、大切な家を守り、安全・快適に暮らすことができるのです。

■メンテナンス時期チェックのポイント

・紫外線や雨水等により劣化し、表面が粉状になっている ・壁面にカビや藻が発生している ・紫外線に晒され変色している ・ヒビ割れが起きている

このような症状がある場合、塗膜の防水性・防汚性・防カビ性などの機能が低下しています。 大きな被害やそれにより修繕コストが高額になることが起きる前にメンテナンスを行いましょう。 少しでも心配や不安を感じる方はお気軽にご相談ください。 心配や不安を解消し、安心して暮らせる家づくりをお手伝いをいたします。 https://toyokikousha.jp/ TEL:026-480-2614

【LINEでお問い合わせ】

LINEからのお問い合わせも承っております。 1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。 https://lin.ee/meF3Y9z
ただいま『不動産を手放したい・探している』『土地を探している・売りたい』方を募集しています。 お気軽にお問い合わせください。

災害に備えた家づくり:台風シーズン前に擁壁をチェックしよう

2020.8.11


長梅雨が明けたと思ったら、連日の猛暑、なかなか快適な気候にならないですね。
そして、ようやく夏がきたかと思えば、もう台風シーズン。
長野では、昨年の台風19号災害からの復興にまだまだ時間を要す中、また台風シーズンが来ると思うと、“今年は大丈夫だろうか”、“大きな被害は出ないだろうか”、といろいろ心配になってしまいますよね。
私たち豊木工舎も、まだまだ復興支援工事を進めているところです。
先日、その災害現場で地面を高くするための「擁壁工事」を行ってきました。

■擁壁工事

「擁壁」とは、高低差のある土地で、側面の土が崩れるのを防ぐために設置される“壁状の構造物”のことを言います。 高低差のある土地は、高い方の土地の上に乗る建物の荷重、地震、土の中に溜まった雨水の水圧など、さまざまな圧力がかかるため、斜面が崩れやすくなります。そのため、斜面の土を留める擁壁工事の必要があるのです。 斜面が多い長野県では、擁壁工事はとても重要です。斜面を施工することにより、土砂崩れを防ぐとともに、“災害に強い土地作り”が可能になります。 そして、長期間にわたり土地の崩壊を防ぐ安定した施工が必要となります。特に、寒冷地である長野県、冬の冷え込みが厳しい地域は、凍結や凍み上がりが発生します。寒冷地に適した施工・工事が求められます。 今回のA様邸も、建て替え前に“災害に強い土地作り”のため、擁壁工事を行いました。

■擁壁のメンテナンス

一般的なコンクリート擁壁の場合、耐用年数は約30〜50年と言われています。 擁壁の厚みや土圧、環境の違い、排水がきちんと行われているか、によっても変わります。 擁壁には地中に溜まった雨水を抜くための水抜き穴が開けられています。 しかし、排水がうまく行われていない場合、水圧により変形や崩壊のおそれがあります。

●擁壁チェックのポイント

・水抜き穴が設置されていない。 ・水抜き穴の中に、土や草が詰まっている。 ・擁壁の表面が湿っている、水が染み出している。 ・水抜き穴や擁壁表面に、コケが生えている。 ・大雨の後、水が抜けている穴と、水が抜けていない穴がある。 ・擁壁にひび割れ、ふくれ、変形がある。 ・擁壁のひび割れや積石の隙間などに、白い物質が現れている。

また、古い擁壁の中には、現在のがけ条例の基準を満たしていない可能性もあります。 50年以上前に多く用いられていた石積み擁壁に多く見られます。建て替えの際や中古住宅を購入した場合は要注意です。 このような状況が見受けられる場合、擁壁のメンテナンスが必要です。 劣化が進むと、地震や大雨により崩壊する危険性があり、人命にも関わります。 台風19号災害からの教訓として、今年の台風シーズンを迎える前に、できる対策を施しておきましょう。 擁壁チェックを行い、劣化が確認できる場合や古い擁壁で不安な場合は、お気軽にご相談ください。 備えを万端に、不安を取り払って暮らすためのお手伝いをいたします。 https://toyokikousha.jp/ TEL:026-480-2614

【LINEでお問い合わせ】

LINEからのお問い合わせも承っております。 1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。 https://lin.ee/meF3Y9z
ただいま『不動産を手放したい・探している』『土地を探している・売りたい』方を募集しています。 お気軽にお問い合わせください。

福利厚生倶楽部(リロクラブ)とのサービス提携をスタート

2020.7.26


こんにちは。
せっかくの4連休ですが、雨続きですね。
本来であれば、東京オリンピックが開幕していた連休、コロナ禍によりオリンピックどころか、行動に慎重になってしまいましたね。みなさん、どのように過ごされましたか?
今朝のように雨もひどくなると、またどこかで豪雨や浸水被害が起きるのではないかと、昨年の台風被害が頭をよぎり、心配になってしまった方もいると思います。
豊木工舎では、そんな不安や心配が少しでも軽減につながるよう、情報発信を心がけています。

今回は、家族の成長やライフスタイルの変化に伴い必要となってくるリフォーム、そして、長く住むために必要不可欠なメンテナンスや修繕の事例をご紹介します。

■リフォーム事例1:増築

台風19号被害を受けた長野市篠ノ井で「解体からリフォーム+増築」 以前、リフォームの状況をお伝えしました。 施工事例:応急修理リフォーム+増築(長野市篠ノ井) まずは生活できるよう、先に母屋のリフォームを完成させ、その後、増築工事を行いました。 母屋の裏に新たなお部屋が増築され、室内干しができるよう天井吊り上げも設置しました。 今までより広く、そして機能的に使えますね。

■リフォーム事例2:和室改修(天井のタバコのヤニ汚れ)

和室の改修を行いました。 その際、天井板がタバコのヤニ汚れで黒ずんでいたため、特殊な薬品でクリーニングを行いました。 タバコを吸われるご家庭では、天井や壁のタバコによる黄ばみ、タバコのヤニに付着する汚れが気になる方、とても多いと思います。 快適な住まい空間を維持するためにも定期的にクリーニングを行うと良いですね。 しかし、クリーニングを依頼するには、部屋の物を退かさなくてはならず、その手間ゆえに気になってもなかなか依頼できないことも多いでしょう。 そんな時は、今回のように何かの工事とセットで行うと一石二鳥で済みます。 例えば、屋根や外壁の塗り替えのタイミング、水回りリフォームのタイミング、給湯器入れ替えのタイミングなど、家を維持していくためには一定のタイミングでメンテナンスや修繕が必要なタイミングが出てきます。 その時に併せて気になる部分をご相談いただくのがおすすめです。

■福利厚生倶楽部(リロクラブ)との提携スタート

契約者数12,600社、会員数735万人が加盟する福利厚生アウトソーシングサービス「福利厚生倶楽部(リロクラブ)」とサービス提携いたしました。 多彩なカテゴリの中の「住まい・引越し」から「リフォーム」をご選択いただくと、福利厚生サービスを受けられる施設の一つとして「豊木工舎」が掲載されています。 会員の方であれば、家のリフォーム・修繕を福利厚生として行えます。大きな金額を一度に捻出するのが難しいという場合も、状況に応じて数年単位で分けて行っていけば、自己負担を抑えることができます。

・転勤で都心に在住中だけど、長野県内に持ち家があるので、戻る前に手入れをしたい

・実家が長野にあり、両親の今後に合わせリフォームしてあげたい

などの思いをお持ちの方は、ぜひご活用ください。 福利厚生倶楽部 住まいに関するお悩み、お困りごと、心配ごと、お気軽にご相談ください。 感染症対策のための塗料や床材も扱っております。 家の中や室内空間のウイルス対策としてできること 家の中や室内空間の感染症対策としてできること[床編] 安心して暮らせる住空間のため、些細なことでも遠慮なくご連絡くださいね。 https://toyokikousha.jp/ TEL:026-480-2614

【LINEでお問い合わせ】

LINEからのお問い合わせも承っております。 1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。 https://lin.ee/meF3Y9z
ただいま『不動産を手放したい・探している』『土地を探している・売りたい』方を募集しています。 お気軽にお問い合わせください。

はじめての家づくり2:地縄張り・遣り方・地鎮祭(長野市 新築 S様邸)

2020.7.18


こんにちは。長野市の設計事務所・工務店 豊木工舎です。

これから家を建てたいと考えていても、はじめての家づくりはわからないことだらけですよね。 家づくりってどんな流れで進んでいくの? どんな工程があるの? 挨拶まわりはいつしたら良いの? 地縄張り?遣り方?水盛り?丁張り?地鎮祭? わからないことだらけ。 そんな疑問にお応えするため、現在進行中の家づくりの様子をご紹介しています。 【相談内容】 台風19号により3メートルの浸水被害を受け、自宅を解体→建て替え 前回、設計プランの打ち合わせ→図面化の様子をお伝えしました。 →はじめての家づくり1:新築設計打ち合わせ(長野市 S様邸)

設計プランがまとまり、いよいよ着工です。 今回は、着工に先立って行われる地縄張り・遣り方(水盛り・丁張り)・地鎮祭を執り行いました。

■地縄張り(じなわはり)・挨拶まわり

設計図面に基づき、建物の外周部にあたる部分にビニールひもを張り、建物の配置を確かめます。これを地縄張り(じなわはり)といいます。 ご近隣に挨拶まわりもします。 今回のように解体工事がある場合は、解体工事の前に挨拶にまわります。

■遣り方(水盛り・丁張り)

地縄は建物の柱の中心を示して張ります。しかし、基礎工事に入る段階では土を掘り起こすため、地縄は外します。 地縄を外してしまうと、建物の位置が分からなくなってしまうので、工事の邪魔にならないよう基礎よりも少し外側に、外壁に沿って木杭を打ち込み、建物の正確な位置出しをします。 建物基礎の位置より50~60cm離して、このように木の杭と薄い板で囲いをします。 するような形となります。

■地鎮祭

着工に先立ち、敷地の守護神に工事の無事と施主様のご家族のご繁栄を祈願する儀式です。一般には神式で神主さんが行います。 地鎮祭の日取りは、一般的に「大安」や「先勝」「友引」などの吉日を暦の中から選びます。通常、午前中に執り行われますが、お日柄によっては正午にスタートするなど、暦や神社のしきたり、地域によっても異なります。 工事の無事を祈願し、いよいよ基礎工事スタートです。 ここから、11月末の完成を見込んで、設計プランが立体化されて行きます。 次回、工事の進捗をお楽しみに☆ 家づくりを考えている、家づくりについて詳しく知りたい、話を聞きたいなど、お気軽にお問い合わせください。 https://toyokikousha.jp/ TEL:026-480-2614

【LINEでお問い合わせ】

LINEからのお問い合わせも承っております。 1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。 https://lin.ee/meF3Y9z
ただいま『不動産を手放したい・探している』『土地を探している・売りたい』方を募集しています。 お気軽にお問い合わせください。

Categories

  • (53)
  • (26)
  • (11)
  • (28)
  • (11)
  • (3)